『生き方を探れ!』   

2011年 06月 14日

今月1日(水)に福井県のS中学校から、かわいらしい訪問者が三名やってきました。

数週間まえにS中学校の先生からお電話をいただいておりまして、総合学習の時間を利用して
『自分の生き方を探れ!』というテーマで歴史と伝統の街「金沢」で暮らし、働いている方々に
お話しを聞かせて欲しいというご依頼でした。

今回訪れてくれたのは、ほんわかムードのリーダーMさん・クリクリお目めのKさん・優しいお姉さん肌っぽいYさんの三人娘です。
三人ともとーってもピュアな感じがかわいらしかったです。(←すっかりお母さん目線で)

照れてモジモジしてたかと思うと、店内を見渡し「かわいーっ、かわいーっ!」と
乙女全開になってみたり・・・かと思うとまたモジモジっとしてみたり。
でもしっかりと店長に質問をして、みんな真剣な表情でメモをとっていました。

楽しそうだなぁー。中学生かぁ。20年以上も前の事を思い出していました。
(それ以前に自分が中学生だったのが20年以上前なのだという事に愕然としましたが・・・。)
あの頃何を考え、何を目指し、どんな未来を想像していたんだっけ・・・?!

『自分の生き方を探れ!』
三人娘さん達は店長の話しを聞き、作品を見て何かを感じてくれたかな?
彼女達の生き方に少しでもいい影響が与えられたらいいな。

大きなリュックを背負ってきていたので、お母さんの手づくり弁当が入っているのかと思いきや・・・
「お昼は東山の自由軒に行きます♪」とホヤホヤの顔で言ってましたネ。
おいしかったかなぁ~?

昨日S中学校の校長先生からご丁寧に御礼のお手紙が届きました。
一緒にかわゆい三人娘さんからのお手紙も入っていましたよ。
みんな共通して書いてあったのは、「作品を、自分で考えて作っている事に驚きました。」
という事です。
「でしょ!?」と思いました。

今回の取材をもとに一人一人が新聞づくりをしているそうです。
みんな頑張ってね!


b0150576_1024897.jpg












もう少しで全開ですね。ピンクやブルーもかわいいけれど凛とした白に心奪われます。
[PR]

by chitosemizuhiki | 2011-06-14 10:26 | Comments(2)

Commented by フランソワ at 2011-06-20 00:30 x
またまたごぶさたしております。

雨の話題に触れておられましたが、
雨の日ってどこか静かな感じで(豪雨でなければ)いいですよね。
憧れは「晴耕雨読」なんですが、
まあそんなおだやかでステキな日常とは程遠いです。
ただ・・・ひとつ苦手なことがあります。
雨でコンクリートの床(道路はまだ許せる)が濡れてジメジメしているのが、
なぜだかわからないけどとっても苦手なんです。
まったく神経質なわけではないんですが、
不思議に昔っからで。
人からはあまり共感を得られなかったこの意見、
高校時代からの親友に話すとものすごい勢いで「」そうやねん!」と言われ反対に驚きましたが。
やはり共感は得られません、よね(笑)!?

「生き方を探れ」については、
まあいろいろと考えさせられます。
未だに右往左往しながら生きていますから。
でもきっと一生、立ち止まっては歩き出す・・の繰り返しなのだろうなと思います。
いや、中には目標に向かって走り続けている人もいるか。
フランソワ、もう一度人生を探らねば!
 
それではみなさま、お身体にお気をつけてお過ごし下さーい。
Commented by 千と世水引 at 2011-06-21 10:44 x
フランソワさん、こんにちは。
コメント有難うございます。

金沢も先日梅雨入りをしまして、雨は少ないのですが
とっても蒸し暑く不快指数はかなり高くなっております。

フランソワさんがおっしゃる雨で濡れたコンクリートのジメジメ感。
親友さんのように「そうやねん!」とまではいかないですが、なんとなくわかります。あの感じですよね?あの感じ。
ですが、真夏のカラッカラのコンクリートっていうのも相当に恐ろしくはないですか?・・・想像して憂鬱になってても仕方ないですよね。前向きにいきたいですね!

そしてフランソワさんの言う「もう一度人生を探らねば!」の言葉に
「そうやねん!!」と大きく共感した私です。

フランソワさんもお身体にお気を付けてお過ごし下さいね。
いつも有難うございます!

<< 『水引教室』 in TOKYO 「雨」を想う。 >>